コンテンツに進む
wash_woman

職人の目利きで洗うダウンクリーニング!こんなときはお任せください

こんにちは、高級ダウンのクリーニング専門店【OMOIYARI】です。

革製品のクリーニング工場として、全国のクリーニング店からも依頼が来る洗浄のプロフェッショナルの私たち。

そんな私たち【OMOIYARI】が得意とするダウンクリーニングとは、一体どんなものなのか。デリケートなダウン製品をクリーニングする際の注意点なども織り交ぜながら、ご紹介します。

 

高級ダウンこそ定期的なクリーニングが必要な理由

【OMOIYARI】が得意とするダウンクリーニング

  1. 海外表示のダウン製品
  2. ウールやレザーなど生地が特殊なダウン製品
  3. お直しが必要なダウン製品

 

高級ダウンこそ定期的なクリーニングが必要な理由

 

【OMOIYARI】のダウンクリーニングの特徴をお話しする前に、ぜひ知っておいていただきたいのが、ダウン製品がなぜ、「クリーニングが大切なのか」という理由です。

ときには1着数十万円〜100万円ほどの値段がつく高級ダウンは、生地にデリケートな素材や特殊な素材を使っていることも少なくありません。

「着る頻度が少ないから大丈夫」と思っていても、ダウンは想像以上に保温性がある衣類。

着用時に汗をかいて、ダウンの羽毛の中に湿気が残ってしまっていることも。

また、襟首周りや手首周りなどは、皮脂やファンデーションなどがつきやすい場所。
シーズンオフにクリーニングに出さないで放置してしまえば、汗や皮脂による変色や嫌な匂いの原因になってしまいます。

 

OMOIYARIが得意とするダウンクリーニング


【OMOIYARI】は、クリーニングの技術と経験が豊富な職人が、お客様の大切なダウンを丁寧にクリーニングしています。

そんな私たちが得意とするのは、クリーニング店では断られてしまうような、高級ダウン。
具体的にどんなダウンを取り扱っているのか、いくつかご紹介してみましょう。

 

● 海外表示のダウン製品

 

 メゾンブランドや海外ブランドのダウンは、日本の洗濯表示とは異なるタグがついていることもしばしば。

一般的なクリーニング店では、こうしたダウン製品は「クリーニングの保証がないから」と断られてしまうこともあります。

【OMOIYARI】は、様々な生地素材のクリーニングをしてきた経験があるから、職人が生地の状態や素材を確認して、自信を持って最適なクリーニング方法を選択!

そのため、町のクリーニング屋さんから断られてしまうようなダウン製品もお任せいただけます。

 

● ウールやレザーなど生地が特殊なダウン製品

 

 例えば、ダウンジャケットの一部にレザーが使われたデザインのものや、生地がウール素材のダウンジャケットなどは、とてもデリケートな洗い方が求められます。

モンクレールなどの高級ダウンのように、フード部分にファーが使われているものもそれは同じ。

自宅で洗うのはもちろんのこと、生地の性質をよく知らないところにクリーニングを依頼すれば、生地にダメージを与えたり、汚れが落ちなかったりすることもあり得ます。

【OMOIYARI】では、生地ごとの特徴を見極めながら、ウェットクリーニング・ドライクリーニング・手洗いなどのなかから、ベストな洗い方を選んでいます。

洗濯表示にとらわれず、職人の目で最適な洗い方を判断してクリーニングできるのも、私たちの密かな自慢の一つ。

 

● お直しが必要なダウン製品

 

例えば、生地の一部がほつれてしまっていたり、タグが取れかかってしまっていたり。

お気に入りで着る機会が増えれば増えるほど、ダウンジャケットの生地も年季が入ってきます。

ときにはお直しが必要なことだってありますよね。

【OMOIYARI】では、工場内に、こうしたお直しをするスタッフが常駐。
お預かりしたダウンを必要に応じてお直しすることも可能です。

リペアはクリーニングとは別料金をいただきますが、せっかくきれいにするならお直ししておくのがおすすめです。

「生地がほつれてしまっているから、洗うとかえって傷んでしまうかな?」と心配なダウン製品も、ぜひまずは気軽にご相談くださいね!

 

ブログに戻る